たんばコミュニティFMでは災害時に役立つ防災情報を提供しています。このサイトでは在日外国人や訪日外国人向けに日本語と英語を併記しています。リンクをクリックしてサイトをご覧ください。
Tamba Community FM provides disaster prevention information that is useful in the event of a disaster. This site is written in both Japanese and English for foreigners residing in Japan and foreigners visiting Japan.Click the link to visit the site.

大雨・洪水・台風などの風水害(rain・flood・Typhoon Wind and flood damage such as)

気象庁 気象レーダー(雨・雷) Weather Rader(English)
国土交通省 高精細気象レーダー/High-definition weather radar
気象庁 兵庫県・気象警報注意報 京都府・気象警報注意報 
気象庁 Hyogo Weather warning Kyoto Weather warning
気象庁 台風情報 Typhoon(English)
気象庁 兵庫県気象情報 京都府気象情報 ※only Japanese
気象庁 大雨・浸水危険度マップ Heavy rain / flood risk map(English)

地震(earthquake)

気象庁 地震情報  Earthquake information(English)
気象庁 津波情報  Tsunami information(English)

避難情報(Evacuation information)

兵庫県 兵庫県防災気象情報 HyogoEvacuation Information(English)
京都府 きょうと危機管理WEB KyotoEvacuation Information(English)
丹波市 丹波市緊急情報ページ ※only Japanese

公共交通機関の情報(Public transport information)

交通情報集約 Yahoo交通情報(近畿地区集約) ※only Japanese
JR西日本 列車運行情報 JR Train Status Infomation(English)
JR西日本 列車在線位置情報(電車の位置情報) ※only Japanese
神戸電鉄 列車運行情報 ※only Japanese
京都丹後鉄道 列車運行情報 ※only Japanese
神姫バス(路線) 路線バス運行情報 ※only Japanese

道路情報(Road information)※All only Japanese

NEXCO西日本 高速道路情報(i-higiway)
NEXCO西日本 高速道路通行止のお知らせ・気象通行止
Yahoo道路情報 道路情報(有料高速道路・無料高速道路・阪神高速道路)
兵庫県道路公社 播但連絡道路・遠阪トンネル道路情報
JARTIC 日本道路交通情報センター(高速道路・一般道)
京都府道路公社 京都縦貫自動車道 道路情報(丹波IC~京丹後大宮IC)
兵庫県道路情報 兵庫県道路総合管理システム
京都府道路情報 京都府道路情報提供システム

停電・雷・でんき予報(Power outage / Thunder / Electric forecast information)

関西電力送配電 停電情報 雷情報 でんき予報 ※only Japanese

通信障害情報(Communication failure information)※All only Japanese

NTT西日本 通信障害情報(固定電話・光)
携帯電話 NTTドコモ au(KDDI) Softbank Wimax 楽天モバイル
災害伝言ダイヤル 災害用伝言ダイヤル(171)
NTT Disaster Emergency Message Dial 171(English)

河川・道路カメラ・河川水位(River water level / River and road camera)※All only Japanese

兵庫県河川カメラ 丹波地域(丹波市・篠山市) 加東地区 養父地区
丹波市河川カメラ 丹波市防災情報配信システム
由良川河川カメラ 由良川リアルタイム防災情報
兵庫県河川水位 川の防災情報(兵庫県)
京都府河川水位 川の防災情報(京都府)

天気予報(weather forecast)※All only Japanese

気象庁 天気予報
兵庫県の気象 兵庫県気象情報
丹波市気象情報 丹波市気象情報(リアルタイム観測)
日本気象協会 丹波市ピンポイント天気予報
Windy天気 兵庫県天気予報(グラフィック版)

近隣市町村のページ(Page of neighboring cities, towns and villages)※All only Japanese

兵庫県 兵庫県ホームページ  兵庫県災害対策センター
兵庫県丹波市 丹波市ホームページ 丹波市防災メール
兵庫県丹波篠山市 丹波篠山市ホームページ 丹波篠山市防災メール
兵庫県西脇市 西脇市ホームページ 西脇市防災メール
兵庫県朝来市 朝来市ホームーページ 朝来市防災メール
京都府 京都府ホームページ
京都府福知山市 福知山市ホームページ
京都府綾部市 綾部市ホームページ

近隣放送局・新聞社のページ(Broadcasting station / newspaper page)※All only Japanese

兵庫県丹波市 805たんば ホームページ Twitter Facebook

氷上、市島、山南:FM 80.5MHz

兵庫県丹波市 丹波新聞 ホームページ Twitter
兵庫県全域 NHK神戸放送局 ホームページ 大阪:AM 666kHz(ラジオ第1)

氷上:FM 88.6MHz 神戸:FM 86.5MHz

兵庫県全域 サンテレビ ホームページ Twitter Facebook
兵庫県全域 ラジオ関西 ホームページ Twitter

神戸:AM558kHz FM91.1MHz 豊岡:1395kHz

兵庫県全域 Kiss-FM KOBE ホームページ Twitter Facebook

氷上:FM 78.3MHz 神戸:FM 89.9MHz

兵庫県全域 神戸新聞 ホームページ Twitter Facebook
兵庫県三木市 FMみっきぃ ホームページ

三木、吉川:FM 76.1MHz

兵庫県三田市 HONEY FM ホームページ Twitter Facebook

三田:82.2MHz

兵庫県豊岡市 FMジャングル ホームページ Twitter Facebook

豊岡:FM 76.4MHz

京都府全域 NHK京都放送局 ホームページ 福知山:AM 1026kHz(第1)

福知山:FM 84.8MHz 京都:FM 82.8MHz

京都府全域 KBS京都 ホームページ 京都:AM 1143kHz FM94.9MHz

福知山:AM 1485kHz 舞鶴:AM 1215kHz

京都府全域 α-STATION ホームページ Twitter Facebook

福知山:FM 81.3MHz 京都:FM 89.4MHz

京都府全域 京都新聞 ホームページ Twitter Facebook
京都府福知山市 京都FM丹波 ホームページ Twitter Facebook

福知山:79.0MHz

京都府綾部市 FMいかる ホームページ Facebook

綾部、君尾山、浅根山:FM 76.3MHz

京都府舞鶴市 FMまいづる ホームページ Twitter Facebook

舞鶴、加佐、空山:FM 77.5MHz

京都府京丹後市 FMたんご ホームページ Twitter Facebook

峰山:FM79.4MHz

避難するための心得(Tips for evacuating)

避難情報が発表されたら、指定された避難所に避難することになります。
まず第一に自分や家族の安全を守ることです。安全に避難行動をとることができるかを確認しましょう。
車で避難する場合は道路が冠水していないか、徒歩で避難する場合も道路が冠水していないかを確認しましょう。

持ち物として、水、食料品(ただし日持ちのするもの)。調理器具、清潔品、薬や常備薬、救急用品、貴重品、身分証明書、身を守る道具(例えば、ヘルメットや笛、懐中電灯など)。情報確認手段となるラジオや携帯電話、日用品、衣類、筆記用具などです。
女性は生理用品、化粧品を持っていくと安心です。
小さなお子様のいるご家庭ではミルク、抱っこひも、紙おむつなどの必要品があるといいでしょう。
ご高齢の方がいるご家庭では薬や常備薬、老眼鏡、入れ歯などがあると安心です。

そして避難を開始するときは改めて安全に移動できるか、避難できるか確認しましょう。大雨の場合は刻一刻と状況が変化します。わずか10分で思わぬ状況に変わることすらあります。
安全で動きやすい服装をこころがけましょう。足元に注意してください。歩行が可能な水深は一般的に50センチです。
道路が冠水しているときはできるだけ道路の中央を歩き長い棒などで歩く進行方向を確認しながら歩きます。

単独行動は絶対にしないでください。二次災害の可能性が高まるばかりではなく自らの命に直結することがおきます。
病気を持たれている方や高齢者などは体力のある方が交替で背負って避難しましょう。子どもを連れている場合は手をつなぐかロープなどでお互いをつないだ状態で避難してください。

車で移動する場合は、最も運転に慣れている方が運転するようにしてください。大雨の場合は視界がききにくく側溝や障害物などが見えにくいこともあります。車は50センチ冠水したところに進入するとドアを自力では開けれなくなり窓を割って脱出するしか方法がなくなります。

避難できないときは家の2階でなおかつ山と反対側の部屋に避難するようにしてください。ベランダがある場合は最悪の事態を想定して屋根に上がれるように脚立やはしごを準備しておきましょう。

災害時は自分の身は自分で守るしかありません。いつもと違う、何かが違うと思ったら迷わず安全な場所へ避難するようにしてください。
その判断があなたの命や大切な家族、財産を守ります。避難することは決して恥ずかしいことではありません。避難も一つの選択して押して考えましょう。

Once the evacuation information is announced, you will be evacuated to the designated evacuation center.
First and foremost is to keep yourself and your family safe. Make sure you can safely evacuate.
If you evacuate by car, make sure that the road is not flooded, and if you evacuate on foot, make sure that the road is not flooded.

As belongings, water and groceries (however, those that last for a long time). Cookware, clean items, medicines and medicines, first aid kits, valuables, ID cards, protective tools (eg helmets, whistles, flashlights, etc.). Radios, mobile phones, daily necessities, clothing, writing utensils, etc. that can be used to confirm information.
It is safe for women to bring sanitary napkins and cosmetics.
For families with young children, it’s a good idea to have necessary items such as milk, thongs, and disposable diapers.
For families with elderly people, it is safe to have medicine, regular medicine, reading glasses, dentures, etc.

And when you start evacuating, make sure that you can move safely and evacuate. In the case of heavy rain, the situation changes from moment to moment. It can even turn into an unexpected situation in just 10 minutes.
Wear safe and easy-to-move clothes. Please be careful about your feet. The depth of water that can be walked is generally 50 cm.
When the road is flooded, walk in the center of the road as much as possible and walk while checking the direction of travel with a long stick.

Never act alone. Not only will the possibility of a secondary disaster increase, but it will also be directly linked to your own life.
If you are sick or elderly, take turns to evacuate if you have physical strength. If you are bringing children, please evacuate while holding hands or connecting each other with a rope.

When traveling by car, make sure that the person who is most accustomed to driving should drive. In heavy rain, it may be difficult to see, such as gutters and obstacles. When a car enters a place flooded by 50 cm, the door cannot be opened by itself and the only way to escape is to break the window.

If you cannot evacuate, please evacuate to the room on the second floor of the house and on the opposite side of the mountain. If you have a balcony, prepare a stepladder or ladder so that you can go up to the roof in case of the worst.

In the event of a disaster, you have no choice but to protect yourself. If you think something is different, don’t hesitate to evacuate to a safe place.
That judgment protects your life, your precious family and your property. Evacuating is not embarrassing. Let’s think about evacuation by selecting one and pushing it.

災害時の安全確保について(Ensuring safety in the event of a disaster)

大雨の様子が気になって外に見に行きたい気持ちはよくわかります。でもその行動が二度と家族と会えなくなるかもしれないということを念頭に置いておいてください。
稲の収穫前で田んぼの様子が気になると思います。でも冠水した場所に側溝があり足を取られると体力のある成人でも助かりません。
大雨の時に川や溝の様子を見ることは危険極まりない行為であることを覚えておいてください。また、流された人を探す消防の方や消防団の方、警察など関係者が二次災害にあう危険性すらあります。

インターネットで川や周りの状況を安全な方法で確認することができます。インターネットで「川の防災情報」「丹波市防災情報配信システム」「兵庫県、河川監視システム」で雨の状況や川の様子を確認できます。

避難情報や気象情報の確認はもちろんですが、テレビやラジオから放送される気象情報に注意するとともに市役所などから発信される情報にも十分注意してください。

テレビは停電すると使えなくなるため、ラジオに電池が入っているか、放送が受信することができるか改めて確認しましょう。
アマチュア無線を有資格者でお持ちの方は無線機の充電をしていつでも使えるように備えておくことも大切です。
携帯電話は災害時にはつながりにくくなったり、つながらなくなります。非常時の連絡手段を確保することも重要な対策になります。

I can understand the feeling of being worried about the heavy rain and wanting to go outside. But keep in mind that the action may never meet your family.
You may be interested in the state of the rice fields before the rice is harvested. However, if there is a gutter in the flooded area and you can take your foot off, even a physically fit adult will not be saved.
Keep in mind that watching rivers and ditches during heavy rains is extremely dangerous. In addition, there is even a risk that firefighters, fire brigades, police, and other related parties who are looking for people who have been swept away will face a secondary disaster.

You can check the river and surrounding conditions in a safe way on the Internet. You can check the rain situation and the state of the river on the Internet with “River disaster prevention information”, “Tamba city disaster prevention information distribution system”, “Hyogo prefecture, river monitoring system”.

In addition to checking evacuation information and weather information, pay attention to the weather information broadcast on TV and radio, and pay close attention to the information sent from the city hall.

The TV will be unusable if there is a power outage, so check again if the radio has batteries and if you can receive the broadcast.
If you have a qualified amateur radio, it is also important to charge the radio so that you can use it at any time.
In the event of a disaster, mobile phones will be difficult to connect or will not be able to connect. Securing a means of contact in an emergency is also an important measure.

805たんばの放送をお聞きの方へ(To those who listen to the broadcast)

たんばコミュニティFMの放送は丹波市の3か所にあるアンテナからお送りしています。
丹波市内だけではなく福知山市や丹波篠山市、西脇市などにお住まいのかたにもお聴きいただけます。
インターネットサイマル放送を使えば家の中や電波のとどきくい地域の方や丹波市から遠く離れた方でもお聴きいただけます。詳しくは805たんばのホームページをご覧ください。災害の時には放送局員や技術部が24時間体制でスタジオや送信設備を監視しています。ラジオの情報収集手段にラジオをぜひお聞きください。
また、夜遅い時間はラジオなど情報が収集できる手段を枕元に置いておき、状況の変化に応じて最善の手段を取るようにしてください。

Tamba Community FM broadcasts are sent from three antennas in Tamba City.
You can listen to it not only in Tamba city but also in Fukuchiyama city, Tamba Sasayama city, Nishiwaki city and so on.
If you use Internet simulcast, you can listen to it even in your house, in areas with high radio waves, or even if you are far away from Tamba City. For details, please see the 805 Tamba website. In the event of a disaster, broadcasters and engineering departments monitor studios and transmission equipment 24 hours a day. Please listen to the radio as a means of collecting information on the radio.
Also, in the late night, keep a radio or other means of collecting information at your bedside, and take the best possible measures as the situation changes.
Also, in the late night, keep a radio or other means of collecting information at your bedside, and take the best possible measures as the situation changes.